2014年04月08日

はてなブックマーク

サンタクロースは見た人は未だかっていません。けれどもそれはサンタクロースがいないと言う証明にはならない。同様に現在にあってイエス・キリストを見た人はいません。けれどイエス・キリストがいないと言う証明にはなりません。

今年の4月20日の日曜日は『復活祭』で『イースター』とも呼ぶ。キリスト教徒に取ってはクリスマスより重要で特別な日なのです。日本では馴染みが薄い『復活祭』は毎年違う日なので慣れないと戸惑います。一般に言われているのは、春分の日以降で最初の満月の日の次の日曜日で、それはキリストが死後3日目にして甦ったことを記念として、また春の自然の甦りを祝うお祭りと言われている。復活の象徴の卵を食べたり、ペインティングした卵を贈り合ったりして盛大に祝ったりしている。

『復活』と言うとクリスチャンでない方からは「まさか、本当なの」と思うかもしれません。しかし聖書を読むと少なくとも500人以上の人々が復活した後のイエス・キリストに見たり会っています。当時のペテロ、ヤコブ、ヨハネと言った使徒は自分の目で確かめました。また、新約聖書に書かれている手紙の大部分を書いた使徒パウロも最初の頃は、キリスト教徒やクリスチャンを迫害していました。その彼が後に大改心したのです。行動的なパウロは、その結果、今度は自分が迫害されることになるのを承知でクリスチャンになったのも、復活後のイエス・キリストが彼に現われたからであるという証をしています。

「わたしはよみがえりであり,命である。わたしを信じる者は,たとい死んでも生きる。また,生きていて,わたしを信じる者は,いつまでも死なない」とヨハネの福音書11:25~26に書かれています。これはイエス・キリストの言葉です。つまりイエスがよみがえられたように、イエスを最後まで信じる者は永遠の命を与えられると言う約束です。

では、なぜイエスは十字架で死なれたのでしょうかと言う疑問が有りますが、それは父なる神の御心を全て成就する為でした。全ての人類は過ち多い不完全な存在なのです。そこで私達の全ての犯した過ちや罪を自身に負い犠牲となってイエス様は十字架上で死なれました。そして3日後に復活しました。詳しい話は聖書に書いています。

ここで言われている過ちや罪は、殺人と盗み等が思うかも知れませんが、嘘を言ったり、噂話し、不倫、恨み、嫉妬、妬み、羨む等、心の中で思ったりした罪を言います。他にもあると思います。そんな些細な罪がと言いますが、これらを全て改めなければなりません。


同じカテゴリー(記事)の記事
 はてなブックマーク (2014-04-08 16:15)
 一般社会には (2014-04-01 17:38)
 気まずい空気が漂った (2014-03-17 17:03)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
はてなブックマーク
    コメント(0)