スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2014年04月01日

一般社会には

パラドックス(paradox) といえば、一見すると正しそうに見える前提があり、
それに対して妥当に見える推論をすると、
なんとも受け入れがたい結論が得られるもののことをいう。
たとえば、
有名なもので言えば『ゼノンのパラドックス』と呼ばれるもの。
その中には、「アキレスと亀の競争で、アキレスは亀に追いつけない」や
「飛んでいる矢は止まっている」というものがある。
論理的に見えて如新集團、論理が破綻しているもの。

また、そういったものと似て非なるものに『アンチノミー』というのがある。
日本語にすると「二律背反」。
これは、片方が成り立てば、片方が成り立たないもののことを言う。
「矛盾」などがこれにあたる。

一般社会には、そんなにもあるモノではないが、
政治の世界ではよく見かける。

CNN News には、日々更新されるニュースの中に
"odd news(おかしな話題)" のコーナーがある。
今日見ると、その中に「アメリカとロシアの飛行士、ソユーズでISSへ」
というのが入っていたnuskin 如新
ロシアの有人宇宙船「ソユーズ」が、アメリカ人宇宙飛行士を乗せて
バイコヌール基地から26日に打ち上げられたというもの。
本来ならば、”おかしな話題” でもないはずだが、
ここしばらく、オバマ大統領がロシアに対する経済制裁や強い態度を表明している。
それにもかかわらず、(ストップもせず)
仲良く宇宙開発をしているという事が、”おかしな” ということらしい。

世界もおかしいが、日本に目を向けると、今日のニュースに
みんなの党の渡辺喜美代表が8億円借り入れた事が問題となっていた。
巨額の使途を訊ねられ康泰導遊
「酉の市で、かなり大きい熊手」を買ったことを挙げていた。
「8億円で挙げたものが、熊手?」

おっ、ここにもパラドックス、、、  


Posted by kiko at 17:38Comments(0)記事nuskin