スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2014年02月27日

関西では

「ふぐ 鍋」のことを関西では「てっちり」と呼んだりする。
「ちり」は、魚などの切り身鍋のことを言い、
「鱈(たら)ちり」や「鯛ちり」などと呼ぶdermes 價錢
フグだけは、直接的な名前ではなく「てっ」というのが頭につく。
これは、「てっぽう(鉄砲)」の意味で、「時には(フグの毒に)当たって命を落とす」という
しゃれた(?) 意味を重ねた雅号でもある。

関西では、(今では使われることはないが)、「てっぽう」は「ウソ」の意味。
上方落語のネタに『鉄砲勇助』というのがあるが、
「鉄砲(=ウソ)を言う」ところからモジッた名前。
まさに、その名の如く、ホラ吹き咄(ばな)し。
木曽を旅した話や冬の北海道を旅した冒険談が出てくる。
ネタを簡単に紹介すると、
「北海道は、あまりに寒いため『おはよう』という言葉が凍りついてしまったり、
寒さで火事も凍ってしまうと、自慢話のように語る。
その火事の火も燃え上がったまま凍ってしまっているので、
”のこぎり”で切り分けるのが消火活動という。
切り分けた火事の火を牛に載せて運んでいたところ、
鍛冶屋の熱で火事が蘇(よみがえ)り、牛が焼けてローストビーフになったとか、
寒さをネタにした荒唐無稽な話が満載といった落語香港如新


実際に、寒いところは現実に思いがけないことができたりする。
CNN News を見ていると、
「氷の楽器でオーケストラ」という記事が出ていた。
それによると、スウェーデンの北部の街ルーレオでは、
冬の間、氷のオーケストラによるコンサートが開かれているという。
バイオリンもビオラ、チェロ、コントラバスも、
弦や金属部品などを除けばすべて氷でできているという。
また、球形の「バブル・ドラム」という独特の氷楽器もある。

まるで、『鉄砲勇助』のホラ話が、そのまま続いているようだが、
こればっかりは、本当の話nu skin 如新
氷の楽器制作者のリンハート氏は、
今度は、氷でできた超軽量の飛行機の開発を考えているという。

ただ、飛行中、氷が溶けてくることもあるだろうと考えると、
これは何とも「寒い話」。  


Posted by kiko at 12:57Comments(0)nuskin