スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2014年04月08日

はてなブックマーク

サンタクロースは見た人は未だかっていません。けれどもそれはサンタクロースがいないと言う証明にはならない。同様に現在にあってイエス・キリストを見た人はいません。けれどイエス・キリストがいないと言う証明にはなりません。

今年の4月20日の日曜日は『復活祭』で『イースター』とも呼ぶ。キリスト教徒に取ってはクリスマスより重要で特別な日なのです。日本では馴染みが薄い『復活祭』は毎年違う日なので慣れないと戸惑います。一般に言われているのは、春分の日以降で最初の満月の日の次の日曜日で、それはキリストが死後3日目にして甦ったことを記念として、また春の自然の甦りを祝うお祭りと言われている。復活の象徴の卵を食べたり、ペインティングした卵を贈り合ったりして盛大に祝ったりしている。

『復活』と言うとクリスチャンでない方からは「まさか、本当なの」と思うかもしれません。しかし聖書を読むと少なくとも500人以上の人々が復活した後のイエス・キリストに見たり会っています。当時のペテロ、ヤコブ、ヨハネと言った使徒は自分の目で確かめました。また、新約聖書に書かれている手紙の大部分を書いた使徒パウロも最初の頃は、キリスト教徒やクリスチャンを迫害していました。その彼が後に大改心したのです。行動的なパウロは、その結果、今度は自分が迫害されることになるのを承知でクリスチャンになったのも、復活後のイエス・キリストが彼に現われたからであるという証をしています。

「わたしはよみがえりであり,命である。わたしを信じる者は,たとい死んでも生きる。また,生きていて,わたしを信じる者は,いつまでも死なない」とヨハネの福音書11:25~26に書かれています。これはイエス・キリストの言葉です。つまりイエスがよみがえられたように、イエスを最後まで信じる者は永遠の命を与えられると言う約束です。

では、なぜイエスは十字架で死なれたのでしょうかと言う疑問が有りますが、それは父なる神の御心を全て成就する為でした。全ての人類は過ち多い不完全な存在なのです。そこで私達の全ての犯した過ちや罪を自身に負い犠牲となってイエス様は十字架上で死なれました。そして3日後に復活しました。詳しい話は聖書に書いています。

ここで言われている過ちや罪は、殺人と盗み等が思うかも知れませんが、嘘を言ったり、噂話し、不倫、恨み、嫉妬、妬み、羨む等、心の中で思ったりした罪を言います。他にもあると思います。そんな些細な罪がと言いますが、これらを全て改めなければなりません。  


Posted by kiko at 16:15Comments(0)記事

2014年04月08日

はてなブックマーク

サンタクロースは見た人は未だかっていません。けれどもそれはサンタクロースがいないと言う証明にはならない。同様に現在にあってイエス・キリストを見た人はいません。けれどイエス・キリストがいないと言う証明にはなりません。

今年の4月20日の日曜日は『復活祭』で『イースター』とも呼ぶ。キリスト教徒に取ってはクリスマスより重要で特別な日なのです。日本では馴染みが薄い『復活祭』は毎年違う日なので慣れないと戸惑います。一般に言われているのは、春分の日以降で最初の満月の日の次の日曜日で、それはキリストが死後3日目にして甦ったことを記念として、また春の自然の甦りを祝うお祭りと言われている。復活の象徴の卵を食べたり、ペインティングした卵を贈り合ったりして盛大に祝ったりしている。

『復活』と言うとクリスチャンでない方からは「まさか、本当なの」と思うかもしれません。しかし聖書を読むと少なくとも500人以上の人々が復活した後のイエス・キリストに見たり会っています。当時のペテロ、ヤコブ、ヨハネと言った使徒は自分の目で確かめました。また、新約聖書に書かれている手紙の大部分を書いた使徒パウロも最初の頃は、キリスト教徒やクリスチャンを迫害していました。その彼が後に大改心したのです。行動的なパウロは、その結果、今度は自分が迫害されることになるのを承知でクリスチャンになったのも、復活後のイエス・キリストが彼に現われたからであるという証をしています。

「わたしはよみがえりであり,命である。わたしを信じる者は,たとい死んでも生きる。また,生きていて,わたしを信じる者は,いつまでも死なない」とヨハネの福音書11:25~26に書かれています。これはイエス・キリストの言葉です。つまりイエスがよみがえられたように、イエスを最後まで信じる者は永遠の命を与えられると言う約束です。

では、なぜイエスは十字架で死なれたのでしょうかと言う疑問が有りますが、それは父なる神の御心を全て成就する為でした。全ての人類は過ち多い不完全な存在なのです。そこで私達の全ての犯した過ちや罪を自身に負い犠牲となってイエス様は十字架上で死なれました。そして3日後に復活しました。詳しい話は聖書に書いています。

ここで言われている過ちや罪は、殺人と盗み等が思うかも知れませんが、嘘を言ったり、噂話し、不倫、恨み、嫉妬、妬み、羨む等、心の中で思ったりした罪を言います。他にもあると思います。そんな些細な罪がと言いますが、これらを全て改めなければなりません。  


Posted by kiko at 16:15Comments(0)記事

2014年04月01日

一般社会には

パラドックス(paradox) といえば、一見すると正しそうに見える前提があり、
それに対して妥当に見える推論をすると、
なんとも受け入れがたい結論が得られるもののことをいう。
たとえば、
有名なもので言えば『ゼノンのパラドックス』と呼ばれるもの。
その中には、「アキレスと亀の競争で、アキレスは亀に追いつけない」や
「飛んでいる矢は止まっている」というものがある。
論理的に見えて如新集團、論理が破綻しているもの。

また、そういったものと似て非なるものに『アンチノミー』というのがある。
日本語にすると「二律背反」。
これは、片方が成り立てば、片方が成り立たないもののことを言う。
「矛盾」などがこれにあたる。

一般社会には、そんなにもあるモノではないが、
政治の世界ではよく見かける。

CNN News には、日々更新されるニュースの中に
"odd news(おかしな話題)" のコーナーがある。
今日見ると、その中に「アメリカとロシアの飛行士、ソユーズでISSへ」
というのが入っていたnuskin 如新
ロシアの有人宇宙船「ソユーズ」が、アメリカ人宇宙飛行士を乗せて
バイコヌール基地から26日に打ち上げられたというもの。
本来ならば、”おかしな話題” でもないはずだが、
ここしばらく、オバマ大統領がロシアに対する経済制裁や強い態度を表明している。
それにもかかわらず、(ストップもせず)
仲良く宇宙開発をしているという事が、”おかしな” ということらしい。

世界もおかしいが、日本に目を向けると、今日のニュースに
みんなの党の渡辺喜美代表が8億円借り入れた事が問題となっていた。
巨額の使途を訊ねられ康泰導遊
「酉の市で、かなり大きい熊手」を買ったことを挙げていた。
「8億円で挙げたものが、熊手?」

おっ、ここにもパラドックス、、、  


Posted by kiko at 17:38Comments(0)記事

2014年03月17日

気まずい空気が漂った

 僕は駅に向かって走っていた。仕事の打ち合わせに遅れそうだったのだ。
 この日会う相手とは、過去にも待ち合わせに遅れた事がある。さすがに二度は遅刻できない。四十一歳の全力疾走。もちろん長くは続かない。しかし立ち止る訳にはいかなかった。とにかく夢中で足を進めた。

 駅に辿り着くとエスカレーターを駆け上った康泰自由行。自動改札機にパスモを叩きつけホームへと向かった。目的の電車が見える。その扉は今まさに閉まろうとしていた。最後の力で右足を伸ばし華麗なる舞を見せる。僕の肉体が車内へと飛び込んだ。背後で扉が閉まる。
 セーフだった。ぎりぎりセーフだった。乱れに乱れた息を全身で整えた。すべてを出し切った達成感が僕を優しく包んでくれた。

 もっともすぐに「駆け込み乗車はご遠慮ください」と車内アナウンスで怒られてしまった。我に返ると車内の乗客が全員笑っているように感じた。なんだか急に恥ずかしくなった僕はごまかすように隣りの車両へと移動した。

 車両を移ってしまうと、予定の電車に乗れた事による安堵感がやってきた。これで遅刻はしないですむだろう。ホッとすると心の余裕が戻ってきた。
 昼過ぎの割には車内に乗客の姿が多かった。吊革につかまると、隣には若い二人組のサラリーマンが立っていた。

 彼らは会社の上司について話をしているようだった。一人が話役でもう一人は聞き役だった。どうやら彼らの部署の課長さんがどうにも役に立たない人物のようで、話役の彼はたいそうご立腹の様子だった。興味津々の僕はしっかりと聞き耳を立てていた。

 課長さんに対する愚痴はそれからしばらく続いた。会社勤めも色々と大変なのね。そう思いながら聞いていると、話役の彼は「それよりもっと許せない奴がいる」と告白した。それは一体誰だ? 彼は声を潜めて言った「デ部長だよ」と。
 それに反応して笑い声が出た。聞き役の男ではなく、僕の口から。
 しまった。一瞬とは言え油断した。話していた彼らは同時にこちらを見た。僕は目を逸らし何度か咳払いをしてやり過ごした。しかし彼らはそこでぴったりと会話を止めてしまった。聞き耳を立てていたのはバレバレだった。

 気まずい空気が漂った。僕は何気を装い車両を移ろうと思った。しかしそこは先頭車両だった。反対側に戻れば先ほど華麗なる舞を披露した車両を再び通り過ぎる事になる康泰領隊。それもそれでなんだか……

 結局次に停車した駅で電車を降りた。あの妙な気まずさに耐えるぐらいなら、後続を待った方がマシだった。ホッと息を吐き、ちょっと考えた。そして次の電車がやってきた頃、自分がとんでもないミスをした事に気付いた。待ち合わせの時間が……

 僕は前回に引き続き二度目の遅刻をした。
 電車内の事を正直に話す訳にもいかず「忘れた資料を取りに戻った」と嘘の言い訳した。有難い事に相手は何事も無かったように許してくれた。優しいのだ。しかし次はどうかわからないnuskin 如新。三度目の正直じゃないけれど今度は絶対遅刻できない。でも仏の顔も三度までならと……いやいや。

 とにもかくにも次から早く家を出よう。遅刻するたび立てる誓いを、性懲りもなく繰り返すのであった。  


Posted by kiko at 17:03Comments(0)記事